千葉県富津市の米店ミニ情報・米ぬか利用法

千葉の美味しいお米が食べたいな~というアナタ。

例えばお米を買いにスーパーや量販店に行かれた時、コメ袋のどこをみますか?

銘柄・産地・何年産か。

もちろん、それも重要な情報です。

美味しいお米にこだわりのある方なら、

搗精年月日もぜひチェックして頂きたい。

量販店などは大量に注文するせいか、

ともすると一か月くらい前の日付のものが並んでいることも。

お米が一番美味しいのは、搗精したて!

こちらでは「今摺り米」と言います。

今摺り米を炊飯するのが、もっとも美味しいお米を食べるコツ。


ちなみに当店ではご注文を受けてから搗精しております。

5分から10分はお待たせしてしまいますが。


今はお家に精米機をお持ちの方も多いみたいです。

家庭用精米機でお米を搗精すると出てくるのが米ぬか。

玄米30kgを搗精すると、およそ1割の3kgほどがぬかとして出てきます。

ここでは米ぬかの利用法をいろいろ書いてみたいと思います。


米ぬかと聞いて一番に思い浮かべるのはぬか漬けですよね。

米ぬかをふるって乾煎りします。

その煎りぬかに塩と水、昆布や鷹の爪を入れて混ぜ込み寝かします。

毎日かき混ぜて天地ガエシをしたら1週間程度で野菜を漬け込むことができるようになります。

ぬかはかき混ぜて空気と触れることで乳酸発酵し、どんどん美味しくなります。

「代々伝わるぬか床が家にあるわよ」という方もおられるのでは。

ご実家から少しぬか床を少しわけてもらって、タネにしてぬか床を作る方も。

「家のぬか床を分けてください」とわが子に言われたら、母親としては嬉しいでしょうね


さて、ぬか漬け以外の利用法もいくつかあります。

5月ごろに出るタケノコを湯がくときや、大根の下ごしらえも

ぬかを入れると甘く柔らかくなります。


ぬかの利用法としてよく聞くのはサツマイモの肥料ですね。

ぬかは栄養が豊富なので、サツマイモの植え付けをするときに肥料として撒いておくと、

サツマイモが甘くなるんだとか。

ぬかを水にといてパックにすると、ぬかに含まれる油分でお肌がしっとり。


そのほかには、ぬか雑巾ですね。

手ぬぐいを袋状に縫い、なかに米ぬかを入れて始末します。

これで床柱や廊下を磨けば、ピッカピカのツッルツルになります。


あとはコンポストですかね。

野菜の切りくずやぬか、腐葉土を入れて、微生物の働きで分解してもらって

自然に堆肥になる仕組みの、アレです。


米ぬかの利用法について書いてきましたが、

千葉県富津の美味しいお米が食べたくなったら、こちらをご覧くださいね。

こちら(有)鳥海商店

当店は富津市ふるさと納税にも協力しております。

こちらもよろしくお願い申し上げます。

ふるさと納税ページ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック